寄せ植えの育て方と日持ち【花屋監修】忙しいお母さん向け

寄せ植えの育て方と日持ちの写真

「母の日のプレゼントの寄せ植えは、どうやって育てるの?」

「お花の寄せ植えは、いつまで日持ちするの?」

この記事は、忙しいお母さんでも寄せ植えを育てる方法と、いつまで日持ちするかを紹介しています。

ユタカさん

寄せ植えは培養土で植えられているので、水切れの心配がありません!
お花の性質はそれぞれ違いますよね?

なっちゃん

ユタカさん

植物の相性はちゃんと考えられてるし、多少違う性質でも問題なく育つよ♪
植物って強いんですね!

なっちゃん

このページでわかること
  1. 寄せ植えのお花が咲く期間
  2. 寄せ植えの育て方

ユタカさん

忙しい方は、寄せ植えの育て方5か条だけ読んでください!
  • お花を楽しめるのは2か月ぐらい
  • 春の陽気の間は日に当て、真夏日は半日蔭に
  • 風通しを良くする
  • 伸びすぎたらカット
  • 化成肥料をあげる
詳しく知りたい方は、記事をご覧ください♪

なっちゃん

母の日にプレゼントした寄せ植えが咲く期間

母の日にプレゼントした寄せ植えは、環境と種類にもよりますがおおよそ2か月ぐらいお花を楽しむことが出来ます。

長くお花を楽しむために、出来るだけ寄せ植えが好む環境を作ってあげましょう。

ユタカさん

母の日の寄せ植えの素材は、春のお花です!
春のお花ということは、夏まで楽しめますね!

なっちゃん

お花の寄せ植えの育て方

お花の寄せ植えの育て方の写真

お花の寄せ植えの最大のメリットは、忙しいお母さんでも育てやすいことです。

実は育てやすい寄せ植え
  1. 培養土で植えられているので、かわきにくい
  2. 根のはるスペースがあり、植物が育ちやすい
  3. 外に置くので、蒸れたりしにくい

寄せ植え=大きな鉢にお花を植え替え しています。

植え替えはお花にはとても良いことで、土に根を伸ばし元気に育ちます。

ユタカさん

寄せ植えは理にかなっています!
お花が喜んでいる環境なのですね!

なっちゃん

しかし、最近の母の日後は夏日といってもいいぐらい暑い日々が続いています。

暑い中でも寄せ植えを育てるには、少しコツが必要です。

ユタカさん

忙しいお母さんでも、暑い環境でも元気にお花を咲かせる方法を書いていきます!

お花の寄せ植えの水やり

お花の寄せ植えの水やりの図

寄せ植えは、培養土に植えられているので、最初はそれほど乾きません。

土が乾いていない状態でお水をあげると根腐れの原因になってしまいます。

お水は土が乾いてから、たっぷりとあげましょう。

ユタカさん

あげすぎも良くありません!
寄せ植えの弱点である蒸れの原因にもなってしまいます!

なっちゃん

植物はまず、鉢の中で根を伸ばし、その後一気に茎や葉を伸ばします。

茎や葉が伸びる頃には根が張っているので、土が乾くスピード=水の回数は多くなります。

ユタカさん

少しずつ育っていく過程をみるのも寄せ植えの楽しさです!

お花の寄せ植えを置く場所

お花の寄せ植えを置く場所の図

お花の寄せ植えは、外=玄関先に置いてあげましょう。

地域にもよりますが、母の日後は夏日になることも多いです。

日に当たる場所に置いてあげるのが良いですが、私たちが暑いと感じる日は、半日蔭に置いてあげましょう。

ユタカさん

寄せ植えは蒸れに弱いので、風通しも重要です!
風が通りやすい、涼しい環境がベストですね♪

なっちゃん

お花の寄せ植えのお手入れ

お花の寄せ植えのお手入れの図

寄せ植えは土に根が伸び、葉や茎が大きく成長します。

お花が成長すると、となりのお花に大きく接触して風通しが悪くなり、蒸れの原因になりやすいです。

大きくなってきたら、葉の節目でカットし姿を整えてあげましょう。

ユタカさん

となりのお花にぶつかっても、風の通り道があればOKです!
風が通ることが重要なんですね♪

なっちゃん

モッサリとモッサリが合わさって、どうみても風が通らなそうだな、お花がきつそうだなという感じであればカットしてあげましょう。

アジサイの切り戻しの図

ユタカさん

カットの基本は、葉の節目で切ります!
節目から新芽が出て、また花芽になります♪

なっちゃん

お花の寄せ植えの肥料

アジサイ鉢植えの肥料の図

寄せ植えは土に根を張り成長するので、肥料をあげたほうが良いです。

2種類の肥料があると良いですが、どちらかでもOKです。

固形の化成肥料

ユタカさん

少しずつ、じわじわと効果を出したい場合は固形がおススメです!
普段はこれでOKですね!

なっちゃん

液体肥料

ユタカさん

大きくカットした後、肥料不足でお花が付かない時などにおススメです!
すぐに効果がほしい場合は液体ですね!

なっちゃん

土の肥料はいずれ無くなるので、肥料はあげましょう。

有機肥料よりも化成肥料(化学肥料)がおススメです!

お花の寄せ植えの育て方と日持ちまとめ

寄せ植えは、お花の成長を日々楽しめます。

土に根が張り、葉や茎が伸びお花を付けるまでの姿は、他の花鉢ではなかなか見ることはできません。

カットや肥料など少し手がかかりますが、お水をあげるだけでも、それなりに長くお花を楽しめます。

ユタカさん

カンタン、キレイ、長持ち!の寄せ植えです!
プロのおススメする寄せ植え10選も、ぜひごらんください!

なっちゃん

母の日にプレゼントしたい寄せ植え10選では、最新品種やおすすめ品種をご紹介しています!

母の日にプレゼントしたい寄せ植え10選の写真 母の日にプレゼントしたい寄せ植え10選【花屋監修】

私の記事でお母さんが寄せ植えを育てることが出来ただけでなく、寄せ植えを話材にお母さんとのお話が増える、そこから皆さんの笑顔が増えてくれれば、ユタカさんにとってこの上ない幸せです。