母の日に手作り春の寄せ植えを贈ろう!【格安・予算1000円!?】

「お母さんに大きなお花をプレゼントしたいけど、なかなか予算が・・・」

「せっかくだから、手作りにチャレンジしてみたい!」

そんな方に向けて、寄せ植えの作り方の記事を書きました。

ユタカさん

ハンギングバスケットマスター、グリーンアドバイザーの私が、子どもさんでも作れる寄せ植えの作り方をお伝えします♪
とってもカンタンなので、ぜひチャレンジしてみてください!

なっちゃん

今回は、予算1000円で写真のような寄せ植えを作りましょう!

結構ボリュームもあり、1000円とは思えない寄せ植えだと思います。

少ない予算やおこづかいでも、手作りであれば、ここまで豪華な寄せ植えが格安に作れます♪

ユタカさん

小学生やお父さんでも、難しくないのでチャレンジしてみましょう!
心を込めた寄せ植えは、感謝の気持ちを伝えるのに最適なプレゼントです♪

なっちゃん

100均でガーデニング用品を買おう

ユタカさん

まずは、100均に素材を買いに行きましょう!
100均のガーデニングコーナーは、使える素材がたくさんあります!

なっちゃん

ホームセンターだと、培養土は大型のサイズ、鉢もグレードが高くなるので、1000円の予算内でやりくりするには、まずは100均にいきましょう!

鉢探し

ユタカさん

なかなか、オシャレな鉢がないなあ・・・
ガーデニングや園芸コーナーから離れて、バスケットコーナーはいかがでしょう?

なっちゃん

園芸コーナーの鉢はデザイン的にプレゼントには向かないので、ちょっと視点を変えて文房具のカゴ、バスケットコーナーを探してみましょう。

オシャレなバスケットがたくさんあります。

底穴は必要?
あった方がよいですが、無くても水をあげすぎなければOKです!

バスケットの場合は穴が開いていないので、プラスチックを割らないように、とがったもの(キリのような)で、回しながら穴を空けましょう。

ユタカさん

叩くように穴をあけようとすると、プラスチックが割れます!

培養土

培養土は色々な種類がありますが、花苗用の土を買いましょう。

本当は粒子のしっかりした、水はけのよい培養土が理想です。

予算に余裕があれば、ぜひ良い培養土を買ってください!

鉢底石

軽石(けいせき・かるいし)と呼ばれる鉢底石を買いましょう。

鉢底石を引くことで、フィルターのような役目になり、水はけが良くなります。

肥料(化成肥料)

予算に余裕があれば、肥料も買いましょう。

色々な肥料がありますが、おススメは化成肥料です。

ユタカさん

これからの時期は害虫も増えるので、出来る限り化成(化学)肥料の方がおススメです!
性質的にも、花をどんどん咲かせたい時は化成肥料が最適です!

なっちゃん

培養土と同じく、良い肥料をあげることで、花の持ち、苗の持ちが全然違います。

予算があれば、グレードの高い化成肥料をあげるのがおススメです!

ホームセンターで花苗を買おう

母の日に限らず、ホームセンターには1年中お花の苗が売られています。

今の時期(5月上旬)であれば、春の花苗、野菜苗、そして母の日の寄せ植えやアレンジ素材が販売されています。

寄せ植え用の小さなミニカーネーションも、必ず置いてあります。

ミニカーネーション

3号(9cm)サイズのミニカーネーションですが、300円ぐらいで買えると思います。

ミニカーネーションの選び方は、とにかく元気そうでつぼみが多く、葉がキレイな緑色をした苗を選びましょう。

鉢植えカーネーションの選び方の図 鉢植えカーネーションの選び方【花屋監修】

フレンチラベンダーとイングリッシュラベンダー

フレンチラベンダーは、200~300円で買えると思います。

枝が下を向いていない、シャキッとしていて、葉の中央が黄色く蒸れていない株を選びましょう。

むずかしく考えずに、元気そうで色つやの良い苗を選べばOKです!

ユタカさん

普段、野菜を買うようなイメージで、とにかく新鮮そうな株を選びましょう!
ラベンダーは蒸れと暑さに弱いので、見た目の元気さ=株の良さです!

なっちゃん

ユタカさんのカンタン寄せ植え教室

ユタカさん

それでは、早速寄せ植えを作っていきましょう!
10~20分程度で完成します♪

なっちゃん

まずは、100均で集めた3つのガーデニング用品です。

  • 鉢(文房具のバスケット)
  • 培養土(サラサラしていて軽めを選んだ)
  • 鉢底石

用意した花苗は6点です。

  • カーネーション(レッド)
  • カーネーション(ピンク)
  • マーガレット(イエロー)
  • イングリッシュラベンダー
  • フレンチラベンダー
  • ペラルゴニューム

鉢に鉢底石を入れよう

ユタカさん

鉢の深さを見ながら、鉢底石を入れていきます!
あまり入れすぎると、苗が飛び出てしまうので、苗の根の高さを見ながら、鉢底石を入れる高さを決めましょう!

なっちゃん

鉢底に培養土を入れよう

鉢底に鉢底石を入れたら、次は培養土を入れましょう。

苗を植える場所に置いていこう

次に苗を置いていきますが、写真のように鉢の上から2,3cmぐらい空けて、水をためられるスペース(ウォータースペース)をとれるようにしましょう。

ユタカさん

この時に、ウォータースペース調整のため、鉢底の培養土の量を確認しながら置いていきましょう!
培養土は、多すぎても少なすぎてもダメなので、ここが一番難しいところです!

なっちゃん

苗の周りに土を入れよう

苗と鉢の間、苗と苗の間に、土を入れていきましょう。

土を入れるだけでは苗がグラグラするので、土を入れたら親指で体重をかけて、グッグッと指圧のように押して固めましょう!

ユタカさん

苗を押しすぎると根を圧迫して痛めることがあるので、できるだけ強く押さないようにしてください!
土の部分は、ガッツリ押していきましょう!

なっちゃん

ひとまず完成!

このような感じになりましたが、右側の黄色のマーガレットが大きすぎるので、カットしようかと思います。

あまり難しく考えずに、ちょっとモッサリしているな?バランスが悪いな?と思ったら、切ってあげましょう!

ユタカさん

ここまでが、予算1000円の寄せ植えです!
え!?こんなに、豪華な寄せ植えになっちゃうんですか!

なっちゃん

  • 鉢@100
  • 培養土@100
  • 鉢底石@100
  • カーネーション@300
  • ラベンダー@200
  • ペラルゴorマーガレット@200

何とか、ギリギリ1000円におさまりました!

ちょっとだけ、おしゃれをしてみよう!

100均に売っている、ピックやフェンスなどのガーデニング用品を付けることで、より高級感のある寄せ植えになります!

1個100円なので、予算に余裕があれば、小庭のようにアレンジしてみてはいかがでしょうか?

母の日の寄せ植え完成!

小さなリスさんが、かなりポイントになっていますね!

こちらは、鉢の色がシックなので、赤などを使い大人っぽいイメージでまとめてみました。

予算に余裕があれば、先ほど買った化成肥料をまいてあげると、お花に詳しくないお母さんでも元気に長く、お花を咲かせられます。

寄せ植えを少しでも長く楽しむには

5月の母の以後は、夏と言ってもいいぐらいの暑い日々になります。

春ではなく、夏だと思って管理するのがおススメです。

  • 水切れに注意
  • 強すぎる直射は逆効果
  • 暑い日は半日蔭で
  • 風通しの良い場所に置く

このように、暑さを避けることで、長持ちさせられます。

ユタカさん

カーネーションの育て方が参考になるかと思います!
カーネーションの育て方と日持ちの写真 カーネーションの育て方と日持ち【花屋監修】忙しいお母さん向け

母の日に手作り春の寄せ植えを贈ろう!まとめ

寄せ植え=とても難しい イメージがありますが、意外にカンタンなのが伝わったでしょうか。

ユタカさん

私にとっては、料理のレシピの方が何倍も難しく思います!
グラムとかの指定まではないですからね!

なっちゃん

手作りの良いところは、多少のミスや失敗も、手作りらしさがあって良いことです。

売り物ではなく、贈り物を作るので、上手に作る必要はありません。

それよりも、心を込めて、贈る人の喜ぶ顔をイメージしながら、親子や兄弟で仲良くお花の寄せ植えを作るのが、お母さんはうれしいのではないでしょうか。

ユタカさん

定番の贈り物から変えて、サプライズに手作りなんて良いかもしれません!
もう少し小さな器に植えれば、1,2株でワンコインも十分に可能です!

なっちゃん

ミニカーネーションを小さな器に入れるだけで、手軽なアレンジになりますよ♪